So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年12月 |2017年01月 ブログトップ

感謝をこめて [・・・・]

tori104.jpg


アッというまの 一年でした
愛犬やちぽんを見送て よく聞く言葉ですが 失ってから 大切さに気が付く・・・のってありますね
私は・・・そうゆうのもう止めて 
その時を大切にするぞー(何度言ってきたんだー(笑

酉年は ニワトリらしいですが・・・もう バタバタと飛べないのは つかれるので
飛べるトリにしたいのです^^ もうそろそろいいでしょう この大空を~飛びたいなー

 訪問してくださる皆様 一年間 ありがとうございました
 幸せいっぱいの一年でありますように
 心から お祈り申し上げます

 この辺の正月は おお飯(ばん)というのがあり 親戚の間でおもてなしの指定日があります。
お年賀を持って 馳走を食べ歩きます。お重に入ったのではなく
昔からの、おお皿に 煮物 酢の物 刺身 餅などで二汁五菜 を 
あーでもない こうーでもないとおしゃべりをしながら過ごします。

お年賀は 純米酒「あさ開」 さーさー 飲んでください^^
エアー飲み会~^^ さー声を出して
「老若男女」と3回「ろうにゃくなんにょー・・・と言ってみて~^^

SN3O0002.JPG


  よい年になりますように~
yastix.jpg

 


nice!(33)  コメント(10) 

お買い物へ

穏やかな師走ですが 自転車で近くに買い物の途中
ある交差点で 信号が赤だから 自転車から降りて止まる
すると 青になって動き出した軽トラが 道路半分の白線辺りで エンストしたらしく お爺さんが独り車の後ろを押して 道を越えようとしていました。プープーとかクラクションが鳴るけど・・。
おばちゃんの私は・・ 軽トラのハンドルをドアを開けて
動く車に「止まって 停まって!~!!」と大声 下り坂だし・・。その軽トラのブレーキが利かないから サイドブレーキを少し上げたりしてなんとか交差点を越えて 路肩に止めた。その時 部活帰りの高校生のお兄ちゃんが
「大丈夫?」と軽トラをお爺さんと一緒に押してくれた。
あー 事故も無くすんで ほっとした。いやー 高校生のお兄ちゃん ありがとう~

私はオバちゃんだから こうゆう事は 普通だけど 他人のことに目を向けない若い人が多いなーと思っていたので いやいや、まんざらそうでもないなー 決めつけは良くない。いい子はいっぱいなんだよなー ホントは。
逃げるは恥だが・・手伝うのは役に立つ~


さて、新年の足音がする 今日この頃~ 
穏やかな 風に吹かれるって 気持ちがいいですねー
なんどあったかなー 良い風~

川風とか 好きですよ

ここは 「銀色の道」の碑がある 岩手県奥州市の道
新緑の頃は とても 良い風が吹きます
12b.jpg


12d.jpg


12c.jpg

昔 水争いを無くすために考えられた 分水嶺。

12a.jpg


12e.jpg

 夏の風景ですが^^ 
 

  故郷は 今年も銀世界になりました。

nice!(26)  コメント(4) 

水仙が咲くー寄り道 [散策]

やちぽんが眠る 山を降りてくると  
道端に 水仙が咲いていました。 この辺では 年の瀬に お墓掃除をします。
お花を飾って 新年を迎えます
 
   やちぽんは お庭に水仙が咲くと 花を食いちぎってね 一通り全滅させて 得意げに私を見て 笑っていた^^
むせかえる程の香りだから 刺激が強す来たかな?^^鋭い嗅覚にはねーーー^^
  写真の前に 供えてみたよ 怒ってるなー^^ あははー 怒ってるなー

ごめん・・・いたずらわんこが    うそでも 居るかなーと思ってね

21.jpg


寄り道したのは 香取神宮
茅の輪くぐりが 用意されていた 朝早いので 掃き掃除の音だけがする サーサー

21d.jpg

右の大きな石の裏に「・・東郷平八郎」寄贈の文字そして311の震災で破損してしまい 地元の宮司 高橋氏が 新たに寄贈とあった。
歴史は くわしくないけど 子供頃、お手玉歌で出て来た名前なので 子供の時から知っていますよ。
薩摩の人で、西郷さんの大事な時に、イギリス留学をしていたので、「日本に居たら 西郷さんのもとに行ったものを」と言ったとか。 この地と関係が少しあるらしく 平良文の子孫にあたると 掃除の方に 教えてもらった。目に見えない ご縁というのが あるんですなー

21b.jpg


21c.jpg


21a.jpg



nice!(35)  コメント(9) 

思い出せますか?懐かしい人とか [本]

18

初めて 珈琲を飲んだのは いつだろう
・・・・んん・・思い出せません(爆   苦い 深煎りは イマダニ飲めないのですが ウィンナー珈琲は 好きでした。  お皿の上にカップが乗る音が いいなー

  さて、「いのちのかぞえかた」という絵本を読んでみました。
文 こやまくんどう

ほんの少し 紹介しますね
18b.JPG


18

18a.JPG

18.JPG


えーーー 最初に付き合った彼と結婚できる確率が6.7%!! 統計で書かれたこの本は
真実でもあり そうでも・・。6.7%でしたか?^^ 考える力とか記憶力が薄れてからだと(笑)
ねーーー^^

nice!(24)  コメント(2) 

気をつけて [・・・・]

12b.JPG

こんにちわん^^
みーるおばばのメガネ入れですわん パクッと食べますわん^^

今日は 怖かったですよー[がく~(落胆した顔)]
高速から降りて 2車線の左を走っていたのですが 今 走っている車線が無くなるので 右の車線に入らなくちゃーと 様子をうかがいながら 良し!車間距離が100mも空いているから ウィンカーを出して右にハンドルを切ったのです。すると 確かに 車間距離があったはずの トラックが加速して 追突するほど 速度を上げてきて ぶつかる!と思とトラックが中央分離帯にこすっていた。
 其の後、もうすぐ車線がなくなる方を走って行ったトラックは 私を含めて4台追い越して 前に出ては 飛ばして行ったのです。
それから 交差点で 自転車の方が 周りをよく見ないで 信号だけ見て渡るスピードが これまた早いんだ!み-るお婆の車は 何台か後ろだから 見ていた訳ですが 急ブレーキで止まったお兄さんは 戸惑っていました。事故にならなくて 良かった。最近 心の臓の調子が悪いので 参りますなー

 どうも 忙しいのか 余裕がないのか・・・親切心が無いのか・・[もうやだ~(悲しい顔)]

社会には 子供から 老人 健常者もいれば やむおうえずそうでない人もいるから・・・
頼みますよー
あのいら立っていたトラック運転手さんも 前を走っているお婆さんが 年老いた親だと思って(笑
私も 頑張っていることを 知って欲しいなー[わーい(嬉しい顔)]


氏神様に 今年のお札を納めに やっとの思いで 行ってきました。
 イキは こわー 帰りは よいよい~ 
なんだか 年末は 事故とか 気をつけましょう~

12c.jpg

ついでに おみくじも(笑 

12.jpg


12a.jpg




nice!(26)  コメント(6) 

長い旅をしてる 大いちょう [植物]

強風でお天気の良い日に
私を呼ぶ声がする。
君の名は・・^^ 大いちょう さん


10000d.jpg



10000c.jpg

ここは かつて社台ファームという馬の牧場がありました。今は北海道にあるそうですサラブレットがたーくさん 
御料牧場や シンボリ牧場とかも
 今は公園になり この大いちょうがポツンと1本 昔はもっと大きな木でしたなー
ずいぶん枝を伐採されて
仲間もみんな伐採されて 君だけが生きている
沢山の馬たちを記憶して 沢山の人々も記憶してるそうだ(笑
楽しかった 風景を思うよー
 お馬の親子は~ 仲よしこよし~♪ 馬が駆けると 大地に響くんだ。可愛い馬たち
ところで 私の故郷では 馬をうまとは言わない 「まっこ」だ。「めんこいまっこ」ですぞー(笑)
解りますかー発音してください
めんこいまっこ!




10000e.jpg



いちょうの葉は、燃えにくいので防火の為に街路樹に選ばれました 
しかし 青空に黄色い葉が 綺麗だなー 

10000b.jpg


10000a.jpg


銀杏拾いの方のバケツが溢れてる 
風が強いので 銀杏と葉が降ってきます^^
くさー 踏んだーし

  銀杏のささやきを聞いていると ・・・頭が真っ白に・・・
ぼーっと 見上げて
風に吹かれてー あー気持ちがいいなー
ふいに
親切なオバちゃんが、「ビニール袋 ほらーこれに拾いなさい!」と
言う。


 私が この世界からいなくなっても 君は生きているんだろうな そうだといいなーいつまでも。切られるんじゃないぞー
私の家族も 知っているかな・・
家のお兄ちゃんの お嫁さんは 今頃どこにいるかなー知っているでしょう?(笑)
いいかげんに 早く出会いますように^^

 大いちょうさん・・・呼んでくださいな^^


   車の走行距離がジャスト10000kmで 停まったら 大いちょうの木の所でした。呼んだ?(笑)
そうそう
最近 車の事 故が 事が多いけど 私のは ふるーい車でコ ンピューターなんて無いからあんなことはないぞー

10000.jpg


前のブログの画像が100MB なので 新しくしました。よろしくお願いします

 
nice!(23)  コメント(11) 

-|2016年12月 |2017年01月 ブログトップ